2017/08/05 02:10

意外と多いんですよ、街中でウィッグの人。皆さんは「あれ?」と思ったことないですか?私は自分が脱毛症になる前は、全く気付きませんでした。というか、そんなにウィッグが必要な人が多いなんて想像したこともなかったので。

そして今。結構気付きます。でも多分、それでも全体の3割くらいかな。(完全に自分の感覚値ですが…。)自分が脱毛症なので「あ、カツラだー!笑」みたいには全然思いません。

「あ、ウィッグ使ってる。なんで私気付いたのかな?」

そんなかんじ。
今は値段もスタイルも色々あるので、恐らく私が見ても全くわからない方のほうが多いと思います。その中で目が留まったのはなぜか?ぱっと次の4つが浮かびました。

・そのスタイルならあるはずの“分け目”がない。
・不自然なほどツヤがある。
・なんだかベタっとしている。
・こめかみorえり足が浮いている。

私は人工毛(化繊)を否定はしません。スタイルキープするのラクですしね。帽子やターバンを使うことでぐっと自然に使うこともできます。だから、本人が納得して使っているのなら、全然ありだと思います。

じゃーなんでわざわざ書くのか!笑
・・・情報がなくて、本当は人毛の自然さが欲しいのに、値段のイメージで最初から人工毛を選んでる方も結構いるのでは?と思ったからです。

(あ、ちなみに、ファッションウィッグとして「周りに分かっても逆にオッケー!」という場合は別ですよ。これはもう完全にオシャレの分野なのでウィッグ使ってるときの心境が違うはずです。)

が、しかし、この話題を始めると超・長文になりそうなので、人毛と人工毛の違いについてはまた次回。知ってる人も多いお話ですが、脱毛症初心者さん(そんな呼び方ないか…。)とその家族やご友人向けということで。

+++++
うーん、それにしても人毛のツヤは素晴らしい。(全く加工していない写真です。)当たり前だけど、手触りも、雨に濡れても、風で髪がなびいても、カンカン照りの太陽の下でも、自然です。